« 塗るだけ簡単カレーパンの素【南洋キッチンオリジナル】 | トップページ | 鶏まん (第二話 成功編) »

鶏まん (第一話 失敗編)

Toriman1


鶏肉がごろごろはいった感じのジューシーな鶏まんを作ろう。と取り組みましたが、残念ながら今回は失敗。通常「失敗レシピ」はそのままお蔵入りなのですが、今回はあえて第一話として失敗レシピを紹介します。失敗から得るものは多いので!

■材料(ミニサイズ10個分)
<生地>
薄力粉・・・100g
強力粉・・・100g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
ドライイースト・・・小さじ1/2
砂糖・・・大さじ1
ぬるま湯・・・100cc
塩・・・小さじ1/2
サラダ油・・・小さじ2

<具>
鶏もも肉・・・150g
長ネギ・・・20cm
生しいたけ・・・2枚
キチャップマニス・・・大さじ3

■作り方
<生地を作る>
①ぬるま湯とサラダ油以外の粉類をボウルに入れ、かるくまぜ、ぬるま湯を加えてよく混ぜ、さらにサラダ油を加える。
②ひとまとまりになったら打ち粉をしたまな板の上でなめらかになるまでこねる。
③ひとつにまとめてボウルに戻し、ラップをして醗酵させる(30分~1時間)。
※気温が低い場合、土鍋にぬるま湯を入れ、その中にボウルをいれて土鍋をバスタオルなどでくるむ。こたつに入れるのも可。

<具をつくる>
④鶏もも肉は1cm角、長ネギは小口切り、生しいたけは粗みじん切りにしてボウルにいれ、キチャップマニスを加えてよくまぜる。
③を10等分し、10cm程度の円形に伸ばし④の1/10量を包む。
蒸気の上がった蒸し器で15分ほど蒸してできあがり。
のはずでした。

さて、何がどう失敗だったのか。
まず、具に汁気が多かったこと、そして生地に対する具の量が多かったことです。
そのためしっかりと生地をとじることができませんでした。写真は10個作ったうちの2個。かろうじてまるくできたものです。
「これまでの過程は何だったの~」と泣きたくなる気分です。材料も全部無駄になってしまった。でも「ともかくもったいないから食べよう」としょげ返りながらも口にすると、これがとても美味しい。悲しさが吹き飛ぶくらい。
ここであきらめてはいけない!改良案も浮かんできているし次回もう一度挑戦しますので、是非また見にいらしてください。


70726f647563742f3931366364306235656

Tamin キチャップマニス(濃厚甘口醤油) 
内容:330ml
原産国:マレーシア
原材料:大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、砂糖、塩、タピオカ澱粉、カラメル色素、
保存料(安息香酸)、調味料(アミノ酸)
原産国: マレーシア
輸入者: (有)南洋元
南洋元オンラインショップにて販売中
1本(330g)500円


☆画像および本記事の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


にほんブログ村 料理ブログ カレー料理へ
にほんブログ村


メイドインアトリエの心のこもった贈り物【工房暖簾Gallery】
Christmas2012_1
12月はクリスマスの贈り物特集

|

« 塗るだけ簡単カレーパンの素【南洋キッチンオリジナル】 | トップページ | 鶏まん (第二話 成功編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1319093/47862338

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏まん (第一話 失敗編):

« 塗るだけ簡単カレーパンの素【南洋キッチンオリジナル】 | トップページ | 鶏まん (第二話 成功編) »