« ホットココナッツミルク | トップページ | ナシゴレンの素シリーズ 春雨炒め »

エビとイモの饅頭

Ebimanju2

■材料(12個分)

<生地>
強力粉・・・90g
薄力粉・・・90g
ドライイースト・・・小さじ1と1/2
ベーキングパウダー・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ1
ぬるま湯・・・1/2カップ

<具>
レンコン・・・80g
里芋・・・120g
むきえび・・・50g 
Adabiナシゴレンの素・・・15g

<その他>
ごま油
ナンプラー ※お好みでどうぞ

■作り方
① ボウルに生地の粉類と砂糖を入れ、ぬるま湯を少しずつ加えながら耳たぶくらいの固さになるまでこね、ひとまとめにしてラップをふんわりかけておく。

② レンコンは粗みじん切り、むきえびは背わたをとり、ぶつ切りにする。里芋はゆでて粗くつぶしておく。

③ フライパンでレンコンとむきえびを炒め、ナシゴレンの素で味付けし、つぶした里芋とまぜる。

④ ①を12等分し、直径10cm程度の円形にのばし③をつつむ。

⑤ フライパンに油を熱し、④をならべて入れ、両面に焼き色がついたら水100ccを加えてフタをし、水気がなくなるまで蒸し焼きにする。

⑥ 最後にごま油少量をなべ肌からまわし入れ、表面をパリッと焼いてできあがり。
お好みでナンプラーやレモン汁・塩をつけて召し上がってください。

Ebimanju3


ナシゴレンの素でつくる焼きそばをはじめ、これまでも何度かナシゴレンの素を使ったアレンジレシピを紹介してきました。
ナシゴレンはもちろんのこと、焼きそば、ロールキャベツ、アクアパッツァ風、坦々麺など、どれもとてもおいしくできたものばかり。ナシゴレンの素の原材料を見ればわかる通り、これはいわば「エビのうまみ調味料」。日本人のエビ好きはよく知られているように「この調味料そのものが日本人の好みにあっている」と南洋キッチンでは考えています。
ナシゴレンの素だから、当然一回はナシゴレンを作っていただきたいですが、2パック、3パックとあっても決して余らしてしまうことはありません。「あれにも合うんじゃなかな?」「きっとこんな風に使ってもおいしい!」と次々アイデアがうかぶと思います。
南洋元オンラインショップにはお徳用サイズもありますので、是非お試しください。間違いなくおすすめできる調味料です!

Nasigoreng

【Adabiナシゴレンの素】
内容量:30g
原産国:マレーシア
原材料名:植物油(パーム油)、タマネギ、ニンニク、唐辛子、エビ、塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)
価格:200円
★お徳用は120gで500円です

Nasigorennomoto
うまみ凝縮の調味料

ご注文は → 南洋元オンラインショップ


★おまけ
上記の具を多めに作っていたので、具を使ったサブメニュー2品
Harusame
春雨と炒めて

Omuretu2
オムレツの具に

これらはまたあらためて紹介しますね。

その他、ナシゴレンの素を使った南洋キッチンレシピ
ナシゴレン
焼きそば
南洋風アクアパッツァ風
ロールキャベツ 
坦々麺 


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


メイドインアトリエの心のこもった贈り物【工房暖簾Gallery】
Ayu5
Ayu猫もお出迎え(ポストカードあります)


|

« ホットココナッツミルク | トップページ | ナシゴレンの素シリーズ 春雨炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1319093/47390715

この記事へのトラックバック一覧です: エビとイモの饅頭:

« ホットココナッツミルク | トップページ | ナシゴレンの素シリーズ 春雨炒め »