« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

Brahim'sニョニャソース

Nyonya

1 鶏肉両面に焼き色をつける

2 フライパンに出た油をキッチンペーパーでかるくふきとる。

3 ニョニャソース(本品)を加えお肉が柔らかくなるまで煮込む(10分程度)

Nyonya_up

※アスパラやブロッコリーなど野菜はお好みでどうぞ


37
【Brahim'sニョニャソース】

■内容量
180g
■原産国
マレーシア
■輸入者
(有)南洋元

1袋600円
南洋元オンラインショップにて販売中
ご注文は → 南洋元オンラインショップ「ニョニャソース」


マレー半島に移住してきた中国系グループが、マレー半島の文化と融合して独自の色合いをつくったの人たちがプラナカンといわれています。そのプラナカンの女性のことをニョニャといいます。マレーシア料理の中でも代表的なものとしてテレビなどで取り上げられていますね。家庭料理いわば“おふくろの味”ともいえるのですが、スパイスをふんだんにつかうのが特徴です。
ここで紹介したニョニャソースも、これまで紹介してきた「カリアヤム(チキンカレー)」とは少し違います。カリアヤムよりもコクがあってご飯にもパンにつけて食べてもおいしいです。スパイスの配合はわかりませんが、ライムジュースがはいっていることが風味の違いをひきたてているように感じました。
意外にも辛くなく、お肉もまろやかになるのでおすすめの一品。何より、本来とても手間のかかる料理を真情としているニョニャ料理が、お手軽・簡単に味わえるのがうれしいですね。


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


にほんブログ村 料理ブログ カレー料理へ
にほんブログ村

工房暖簾Gallery「食べられない喫茶店
生ハムのオープンサンドストラップ、石けんマカロン、バーガーメジャー ほか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミルキーチョコムース

Chokomoos


■材料 直径6cmのココット皿3個分
コンデンスミルクチョコ・・・大さじ3
生クリーム・・・100cc
粉ゼラチン・・・小さじ1/2
牛乳・・・大さじ1


■作り方
1.粉ゼラチンは、水 小さじ1でふやかしておく。
2.生クリームを7分立てにする。
3.②にコンデンスミルクチョコを加え、切るようにまぜる。
4.①に牛乳を加え、電子レンジで5~10秒加熱し煮溶かす。
5.③に④を加え、さっとまぜあわせ器に移し冷蔵庫で2~3時間冷やし固める。
6.最後にお好みでコンデンスミルクチョコを表面にかけ(分量外)できあがり。

Chokomoos_up


前回、同コンデンスミルクチョコをカキ氷に使うことを紹介したところ、「おいしそう」「かき氷にチョコレートって目からうろこ」「興味あります」など、好意的なメッセージをいただきました。おおむね好意的なのですが、旧知の友人をふくめ数人の方々から「試したいんだけど、1缶で385gという内容量がなかなかヘビー」「太っ腹サイズで・・・」など、ごもっともな感想。ようするにもてあましてしまいそうということですね。
そこで、カキ氷のようにちょこっとしか使わないのではなく、「ドンと使えるものを紹介しよう」ということでチョコムースにしてみました。
この商品はコンデンスミルクのチョコレート味なので、固形のチョコを煮溶かすという手間もかからず、砂糖の分量を考える必要もありません。そして仕上がりはとってもミルキーなチョコレート味!
これならば385gも怖くありません(笑)、カキ氷だってできるし、以下のおまけなんかもありです!


☆おまけ☆
5年前に非常時にそなえて買って置いた非常災害用のビスケット。
賞味期限がきれてしまうので毎朝食べているのだけど、、、
最初の何日かは新鮮で楽しいけれど、やっぱり飽きてきちゃう。でも捨てるのは絶対イヤ!
そこに救世主のごとくあらわれたのがこのコンデンスミルクチョコでした。
あとちょっとでなくなりそう。
よかった~~

HijousyokuHijousyoku_choko_2

Indomilk

【 INDOMILK コンデンスミルク(チョコレート) 】
内容量:385g
原産国:インドネシア
原材料名:牛乳、スキムミルクパウダー、パーム油、チョコレート、しょ糖、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンD3
ご注文は南洋元オンラインショップにて!
※9月中旬に入荷予定です。


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


工房暖簾Gallery「食べられない喫茶店
生ハムのオープンサンドストラップ、石けんマカロン、バーガーメジャー ほか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコカキ氷 INDOMILK コンデンスミルク(チョコレート)

Chocoice_2

9月になりました。
涼しくなってきたな~なんて思っていたら台風の影響か高湿度・・・
あついよ~
今年も9月は残暑がきびしいらしい。
それならば、まだいいですよね「カキ氷」でも!

コンデンスミルクのチョコってなんだろう?
と思ったけれど、どうやらあちらではカキ氷にするらしい。
「でもパッケージはどうみてもチョコミルク飲料ぽいんだけど・・・」なんて疑問をいだきつつも、暑さも手伝い「チョコカキ氷」をためしてみました。

ウソみたいだけど、とってもおいしい~
甘みとミルク成分が豊富な味なのでカキ氷にとけるとちょうどよい味になります。
牛乳にも簡単に溶けます。
ためしたのがこれ↓
Chokomilk

パンにつけてもヨーグルトにもあうでしょう!
385gあるので、いろいろとお楽しみいただけます。


Indomilk

【 INDOMILK コンデンスミルク(チョコレート) 】
内容量:385g
原産国:インドネシア
原材料名:牛乳、スキムミルクパウダー、パーム油、チョコレート、しょ糖、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンD3
ご注文は南洋元オンラインショップにて!
※9月中旬に入荷予定です。


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »