« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

南洋風冷やしカレー

Reicurrey2


■材料(2人分)
ししとう・・・20g
とりのささみ・・・2~3本
カレーパウダー・・・小さじ2
スパイススープ※・・・300cc
みそ・・・小さじ2
塩・・・少々

スープスパイスについて
Adabiチキンスープスパイス1袋を鍋に入れ、水1.2リットルで20~30分煮出したものを使います。

Soupspice

南洋元オンラインショップで取り扱い中
1個150円


■作り方
1.ささみは筋と薄皮をむき、そぎ切りにし、ししとうは洗ってヘタをとる。
2.ささみにカレーパウダーをまぶし軽くもみこむ。
3.フライパンにうすく油をひき、ささみとししとうを炒める。
4.スパイススープを入れて具に火が通るまで煮て、みそを溶き塩で味を整える。
5.冷やしてできあがり
※カレーパウダーはAdabiフィッシュカレーパウダーを使いました。

前回紹介した「夏のスパイシーそうめん」を読んでくださった方には物足りないかもしれませんが、めんつゆではなく味噌と塩で味を調整したことが違うだけです。そもそも節電レシピの一環として二つの料理をつくったので良しとしてくださいね。
みそが思いのほか個性が強いので、味噌が多すぎるとちょっと変わった味噌汁ごはんになってしまいます。そこだけご注意いただければ、スパイスの効いた冷製スープカレーをサラサラっと召し上がっていただけます。
それからポイントをもう一つ。ご飯は冷や飯がおすすめです。暑くて食欲がどうもでないな・・・なんていう方、どうぞお試しください。

☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


工房暖簾Gallery「食べられない喫茶店
生ハムのオープンサンドストラップ、石けんマカロン、バーガーメジャー ほか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のスパイシーそうめんつゆ

Spicysomen


■材料(3~4人分)
ししとう・・・40g(1パック)
とりのささみ・・・4本
カレーパウダー・・・大さじ1/2
スパイススープ※・・・300cc
めんつゆ3倍きしゃく用・・・100cc

スープスパイスについて
Adabiチキンスープスパイス1袋を鍋に入れ、水1.2リットルで20~30分煮出したものを使います。

Soupspice

Soupspice2
こんな感じのが入ってます。
ひとまわり大きなマシュマロサイズ

Spisenakami
あけてみた!
チキンスープなどによく使われるそうです。
シナモン、クローブ、クミンなどなど

南洋元オンラインショップで取り扱い中
1個150円


■作り方
1.ささみは筋と薄皮をむき、そぎ切りにし、ししとうは洗ってヘタをとる。
2.ささみにカレーパウダーをまぶし軽くもみこむ。
3.フライパンにうすく油をひき、ささみとししとうを炒める。
4.スパイススープを入れて具に火が通るまで煮て、めんつゆを加え味をととのえる。
5.冷やしてできあがり
※カレーパウダーはAdabiフィッシュカレーパウダーを使いました。

Spicysomen2


猛烈な暑さと節電要請から冷やしカレーなるものがはやっているという噂を耳にしました。
その冷やしカレーをつくる過程で大量にできたスパイススープ。
昨年はタマリンドをつかって独特な酸味のきいたそうめんつゆを紹介しましたが(前記事)、今回は具と一緒に食べるタイプのそうめんつゆにしてみました。
やはり効いてくるのはスパイススープ。そうめんも鶏のささみも淡白な味ですが、スパイススープをベースにしたつゆにカレーパウダーが溶け込み、和と南洋がうまくコラボしたそうめんになりました。ししとうも重要な脇役ですが、具材はどうぞお好みで!
さて、次回は冷やしカレーです。そちらもどうぞお楽しみに。

☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »