« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

南洋お月見団子

Tukimidango


■材料 12個分

上新粉・・・110g
水・・・110cc

▼ココナッツ団子のみ
 ココナッツパウダー・・・大さじ3
 砂糖・・・小さじ2

▼カレー団子のみ
 BABA’Sミートカレーパウダー・・・小さじ1/3(辛いのがお好みの方は1/2)
 ナンプラー・・・小さじ1/2
 とりがらスープの素・・・小さじ1
 砂糖・・・小さじ1/2

① 上新粉に熱湯を加え、よくこねる

② ピンポン玉くらいの大きさに丸め、20分蒸す

③ ボールやすり鉢に移し、すりこぎでよくつく

④ ③の半量にココナッツ団子の材料を、もう半量にはカレー団子の材料を加え、よく混ぜ、適当な大きさに丸めてできあがり。

Tukimidanngo_up


まんまる月が夜空にぽっかり・・・
今日は十五夜、横浜ではきれいなお月様がうかんでいます。
実り多い秋となりますように。

月を見るとわずらわしいことなんか忘れてしまって、なぜか謙虚な気持ちになります。

“今回はこれにておしまい”

でも良いのですが、お味は全然伝わりませんので、少しだけ。
ココナッツ団子はやっぱり優しい甘みが特徴。カレー団子はお菓子ではなく主食になります。もちもちした歯ごたえにココナッツの甘みは新感覚スイーツ、芳香なカレーパウダーと鶏風味はこれまた新感覚の主食。
一緒にならべるとキレイだったのでこんな写真にしました~

Cpowder

ココナッツミルクパウダー
容量:50g
原料:ココナッツミルク、モルトデキストリン、カゼインNa(牛乳由来)
原産国: マレーシア
輸入者: (有)南洋元


Babas_curry

BABA’Sミートカレーパウダー
容量:250g
原料: コリアンダー・唐辛子・クミン・ペンネル・ターメリック・ダール豆・コショー・
シナモン・カルダモン・スターアニス・クローブ・ナツメグ・ベイリーフ
原産国: マレーシア
輸入者: (有)南洋元

ただいま注文受付中
※商品についてのお問合せは【お問合せフォーム】よりお願いいたします。


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サテー風 秋の味覚丼

Akimikaku


■材料2人分

・とりもも肉・・・1枚
 <下味>
   にんにく・・・1かけ(すりおろす)
   しょうが・・・1かけ(すりおろす)
   酒・・・大さじ2
    しお、こしょう・・・少々
  
・さつまいも・・・2cm
・ししとう・・・4~6本
・舞茸・・・半株
・薄力粉・・・適量

・タレ 
 ピーナッツクリーム(無糖)・・・大さじ1
 タマリンド水・・・大さじ1
 おろしたまねぎ・・・大さじ1
 砂糖・・・小さじ1
 ナンプラー・・・小さじ1(なければ醤油で代用)


■作り方

① とりもも肉は一口大に切り、下味につけておく。

② さつまいもは1cm幅の半月切り、舞茸は食べやすい大きさにさき、ししとうはヘタをとる。

③ フライパンに揚げ油を温め、野菜は素揚げ、肉は薄く薄力粉をまぶして揚げる。

④ 器にご飯を盛り、③をのせ、混ぜ合わせたタレをかけできあがり。
※お好みで粉唐辛子をかけても良いです。


Akimikaku_up


空気に秋を感じるようになると、途端に秋の食材が恋しくなります。
以前紹介したサテー(マレーシア風焼鳥)がとても美味しかったので、あのサテーと日本の秋の食材をかけあわせたようなどんぶりを作ってみることにしました。
このどんぶり、ポイントはなんといってもタレです。
そして大事なのはタマリンドと「おろしたまねぎ」。これがあるとないとでは大違い。
こってりしがちなピーナッツクリームをタマリンド独特の酸味でひきしめ、おろしたまねぎがしゃっきりとした鮮烈さを加えます。サテー同様、下味のついた鶏肉と素揚げの野菜、そこに独特のうまみをもつタレがからまれば、もう白いご飯がすすまないわけはありません。食欲の秋です。ほかにも、いろいろな具材でこのタレを楽しんでください。

Tamarind_pack

★タマリンド★
原材料名 タマリンド
内容量 500g
原産国 マレーシア
輸入者 有限会社 南洋元
※タマリンドは南洋元にて販売いたします。【こちら】をお読みいただきご注文ください。

☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オポールアヤム

Opolayam


■材料3人分

骨付き鶏肉・・・500g
エシャロット・・・適量(薄切りにして、油で揚げる)
オポールアヤムの素・・・1袋

■作り方

① 骨付き鶏肉500gを、カップ3杯の水を鍋に入れ、柔らかくなるまで煮込みます。
  (30~40分ほど)

② オポールアヤムの素を入れ、よくかき混ぜ、弱火にして15分ほどさらに煮込みます。

③ 皿にわけ、揚げエシャロット(バワンゴレン)をふりかけてできあがり。
  ※揚げエシャロットはお好みで良いと思います(苦味があるので)。揚げニンニクでもきっとおいしい。

Opolayam2_2


オポールアヤムは、インドネシア料理で鶏肉のココナッツミルク煮と紹介されています。
インドネシアに行ったことがなくオポールアヤムというのもはじめてだったのですが、タイのグリーンカレーにちょっと似ている感じがしました。
けれど辛くはありません。鶏肉がホロッとやわらかく、ココナッツ風味のまろやかなスープがしみこみ、とてもよく合います。ちょっと行儀悪いかな・・・なんて思いながらも、最後にご飯をいれてスープカレーみたくしてしまいました。「これは絶対に美味しいはず!」と思ったから。インドネシアでこんな風に食べるのかどうかわからないけど、オススメ!
麺をいれてもきっと美味しいはず!と夢はさらに膨らみます。


Ayam

【オポールアヤムの素】
◇原材料
ココナッツミルク、キャンドルナッツ、ガランガル、レモングラス、サラムリーフ、タマリンド、シャロット、ガーリック、塩、植物油(パーム油)、ショウガ、ターメリック、クローブ、コリアンダー、クミン、砂糖、酵母エキス、酸化防止剤(ビタミンE)
◇原産国…インドネシア
◇輸入者…(有)南洋元
☆本品は南洋元オンラインストアにて販売中


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »