« ナシゴレンの素で焼きそば | トップページ | キチャップマニスシリーズ-イカともやしのいためもの »

キチャップマニスシリーズ-肉野菜いため

Itamemono


■材料 4人分
・牛肉 300g

・下味
 └カレーパウダー・・・大さじ1
 └コショウ・・・少々
 └タマリンド水・・・75cc(タマリンド大さじ1と1/2・水75cc)
 └トマトケチャップ・・・大さじ1
 └酒・・・大さじ1

・玉ねぎ 1個(1cm幅に切る)
・ピーマン 2個(ザク切りにする)
・ニンジン 1/2本(短冊切りにする)
・トマト 1個(くし形に切る)

・しょうが 1かけ
・ニンニク 2かけ
・キチャップマニス 大さじ4
・砂糖 小さじ1
 

作り方
① 下味をあわせ、肉を10分ほど漬け込む
② フライパンにサラダ油を適量入れ、みじん切りにしたしょうがとニンニクをいためる。
③ ②に玉ねぎ・ニンジン・ピーマンを入れていため、軽く火が通ったら肉を入れさらにいためる。
④ 肉の色が変わってきたらキチャップマニスと砂糖を入れ、味をなじませ、最後にトマトを入れて軽くまぜあわせてできあがり。

Itamemono_up


昨年12月に、南洋キッチンをはじめるにあたって唯一手渡された資料が「ダギンマサキチャップ」というレシピ。写真を見るといためもののように見えました。
私たちもすっかり気に入ってしまったキチャップマニスを使った料理だし、「これをアレンジして紹介しようよ。」となって材料を買い揃えました。ところが、いざ開始というときにレシピの中に「水1.5リットル」の文字を発見。
いためものに水1.5リットルって一体、、、
あわててネットで「ダギンマサキチャップ」と検索するものの、そのような料理はみつからず、分かったことといえば、

ダギン = 肉
マサ = 料理
キチャップ = しょうゆ

ということ。
つまるところ、キチャップマニス(甘口しょうゆ)を使った肉料理ということか?
なんというおおらかさ・・・
ならばこちらもおおらかにいきましょうということで水1.5リットルは見なかったことにし炒め物にしちゃいました。
いいのです。美味しかったから!カレーパウダーの食欲を刺激する香りがふわっとひろがって、キチャップマニスの濃厚な甘辛の味が肉野菜いためにしっかりとからまり、特に終盤に思いつきでいれたトマトがとてつもなく美味しい。キチャップマニスの濃厚さをタマリンドのすっきりとした酸味がうまく整え絶妙なレシピになりました。煮込み料理ではなくなっちゃったけど、ご飯がすすむ豊かな一品です。

【キチャップマニス(甘口醤油)】
マレーシアやインドネシア料理には欠かせない調味料で、サテー(焼鳥)のつけダレや、ナシゴレンやミーゴレンのコク出しにつかったり、唐辛子を入れて、揚げ物などのディッピングソースにつかいます。

原材料名
大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、砂糖、塩、タピオカでん粉、カラメル色素、保存料(安息香酸)、調味料(アミノ酸)
原産国 マレーシア

Kichapmanice_pack_2

※商品についてのお問合せは【お問合せフォーム】よりお願いいたします。


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

|

« ナシゴレンの素で焼きそば | トップページ | キチャップマニスシリーズ-イカともやしのいためもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1319093/35118128

この記事へのトラックバック一覧です: キチャップマニスシリーズ-肉野菜いため:

« ナシゴレンの素で焼きそば | トップページ | キチャップマニスシリーズ-イカともやしのいためもの »