« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ナシゴレン

Nasigoren


■材料 (2~3人分)
ナシゴレンの素・・・30g(1/4袋) ※内容量120gのものを使用
卵・・・1個
冷ご飯・・・お茶碗2~3杯
塩・・・少々
お好みの具材(肉、魚介、野菜)・・・適量
サラダ油・・・少々


■作り方
①熱したフライパンにサラダ油を入れ、卵と具材を入れ、炒める。

②野菜に軽く火がとおったら、ナシゴレンの素を入れ、まんべんなく炒め合わせる。

③ご飯を入れ、味を見ながら塩を足して出来上がり。


Nasigoren_up

メジャーなナシゴレンを作ってみました。
今回の具は、エビ、ピーマン、玉ねぎを使いましたが、たんぱく質は鶏肉、豚肉、ウインナーでもいいし、野菜は冷蔵庫にあるものでいいし、きのこ類も合いそうですね。
レトルトパウチの袋を開けたとたん、学生のころ東南アジアに旅行したときの香りがあたりにたちこめました。なんとも懐かしく、はやく食べたい衝動にかられつつ、でも、レトルトなので、あっという間にできあがり♪
エビのペーストが効いていて、そして少しスパイシー。あ~、おいしい!!
相変わらず、我が家の完食ペースは速かった・・・
このナシゴレンの素は1袋120g入で、ホームパーティをひらくのでなければ、余りがでます。次回は、この残った素を使った焼きそばを紹介します。こちらもオススメなので、お楽しみに。


Nasigoren_moto

ナシゴレンの素
原産国・・・マレーシア
輸入者・・・(有)南洋元
原材料・・・パーム油、タマネギ、ニンニク、トウガラシ、エビ、塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)

※ここでは内容量120gのナシゴレンの素を使用しています。

☆ナシゴレンの素は南洋元オンラインストアにて販売中

「Adabi ナシゴレンの素 30g」のご注文、メールまたはFAXにて承ります。
詳細は → こちらをご覧ください


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマリンドシリーズ-そうめんつゆ

Somen


■材料(2人分) 
タマリンド水(100cc)
水(50cc)
3倍希釈用つゆ(大さじ1)

■作り方
①タマリンド水をつくる → タマリンド大さじ2と水100ccをポリ袋にいれてもみほぐし種や繊維をとりだす。(こしたり、うらごしすると尚良いです)

②上記のすべてを鍋で混ぜ合わせ、ひと煮立ちさせ、冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておく。

Tukesomen

※写真には生姜のすりおろしが薬味として写っていますが、ないほうがいいみたいです。タマリンドの味が弱くなってしまいました。

タマリンドシリーズ第3弾。5月に入り、やっと寒い春から抜け出したような感がありますね。昼間はちょっと動くと汗ばむようになりました。そうなると冷たい麺類が恋しくなってきます。
タマリンドは一袋購入すれば、まだまだ使えます。今日はそうめんの変わりダレを紹介いたします。
タマリンドを水の中でほぐしていると、いかにも「自然の恵み、いただきます!」っていう気持ちになります。このツユ、この作業だけが、若干面倒かもしれませんが、あとはいたって簡単、手早くできます。
タマリンドの酸味のおかげで塩分量が控えめだし、かといって、うちの子たちも競って食べていたので、老若男女楽しめる味に仕上がっていること、うけあいです。
ぜひ、おためしください。

Somen_up


Tamarind_pack

★タマリンド★
原材料名 タマリンド
内容量 500g
原産国 マレーシア
輸入者 有限会社 南洋元
※タマリンドは南洋元にて販売いたします。【こちら】をお読みいただきご注文ください。

☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中

即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココナッツメロンパン

Meronpan


■材料 (6個分)

【パン生地】
強力粉・・・150g
砂糖・・・大さじ2
ココナッツパウダー・・・大さじ2
ドライイースト・・・小さじ1
牛乳・・・25cc
たまご・・・1個
塩・・・小さじ1/3
バターまたはマーガリン・・・35g

【クッキー生地】
薄力粉・・・100g
バターまたはマーガリン・・・40g
たまご・・・1/2個
砂糖・・・40g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
ココナッツパウダー・・・大さじ2

■作り方

① ボウルに薄力粉・砂糖・ココナッツパウダー・ドライイースト・人肌にあたためた牛乳・溶き卵を入れ、全体がまざったら、塩・やわらかくしたバターを加え、なめらかになるまで10分ほど台の上でこねる


②生地をまるめ、ボウルに入れてラップをし一次醗酵させる(60~90分)、2倍にふくらむまで待つ。

 → あたたかい場所におく。

      または

 → 40℃くらいのお湯を土鍋に4cmほどいれ、座りを良くするためのふきんをしき、ボウルをのせる。

↓醗酵後の膨らみ方の写真
BeforeAfter


③ 生地をとりだし6等分し、それぞれまるめなおして天板にのせ、ラップをかけ、その上にかたくしぼったふきんをのせ30分おく(二次醗酵)。


④ クッキー生地を準備する。
材料をボウルに入れ、むらなくまぜあわせ6等分にしておく。


⑤ ラップに④を一つとり、上からもラップをかぶせて直径10cmほどの円形にのばす。


⑥ 上のラップをはずし③のパン生地をのせ、下のラップをつけたままクッキー生地でパン生地をつつみこみ丸く形をととのえる。
※ラップはここではずします。


⑦ 全体的に白くなるくらいココナッツパウダーを茶漉しでうえからまぶし(分量外・大さじ2程度)、スケッパーや包丁の背で格子目模様をつける。


⑦180℃のオーブンで20分焼いてできあがり。

Meronpan_up

国民的菓子パンといってもよいメロンパン。
発明者に敬意を表しつつも、ココナッツの風味と甘みをメロンパンにしてみたい欲望にかられつくってしまいました。
焼きあがったかおりは、ふわっとあまい。
表面はグラニュー糖をまぶしたほどのカサカサ感はないけれど、サクッとやわらかいはごたえ。パン生地もほんのりとしたココナッツの甘みがじつにおいしい。
色々と表現のしかたはあるでしょうけれど「やさし~い甘みのメロンパン」。
是非おためしください。


Kokonatupaudar
ココナッツミルクパウダー
原産国・・・マレーシア
輸入者・・・(有)南洋元
※商品についてのお問合せは【お問合せフォーム】よりお願いいたします。


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!


工房暖簾Gallery「食べられない喫茶店
生ハムのオープンサンドストラップ、石けんマカロン、バーガーメジャー ほか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »