« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

焼きおにぎり南洋風

Yakionigiri


■材料 (おにぎり3個分)
ごはん・・・200g
しょうゆ・・・大さじ2
南洋元チキンカレーパウダー・・・小さじ1/2


■作り方
①あたたかいごはんにしょうゆとカレーパウダーを入れてまぜ、3等分にしておにぎりをにぎる。

②熱したフライパンにうすく油をひき、おにぎりをいれ、両面に焼き色がついたらできあがり。


Yakionigiri_up


とっても簡単、お手軽メニューです。
「手抜きかって?」いえいえ、そうじゃないんです。
こどもたちがおなかをすかす午後3時。
塩でにぎっただけのシンプルなおにぎりがわが子たちのおやつの定番。
たまには焼きおにぎりにしてあげようかなと思い、台所にたつと目の前にカレーパウダー・・・
「これをいれるとどんな風になるかな」
子どもたちには「ごめんね」と胸の中でつぶやき、あつあつの「焼きおにぎり南洋風」をもっていく。
と、これが意外にも大好評。「アツ、アツ、フウ、フウ」といいながらパクパクと食べるこどもたち。一口もらって食べてみるとこれがおいしい。
ナシゴレンってありますね。けっしてそのものズバリではないけれど、あれをおにぎりにして表面をカリッとさせた感じ。おもいがけず南洋風の間食になりました。

手抜きじゃないけど、実験だったことは認めます(笑)


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南洋カレーピラフ

Pirafu


■材料 4~5人分
米・・・・3合
鶏もも肉・・・・1/2枚
タマネギ・・・・1/2個
ニンジン・・・・1/3本
ピーマン・・・・2個
マッシュルーム(缶詰) 固形量100g程度
レーズン・・・・50g(大さじ4程度)
チキンカレーパウダー・・・・大さじ2/3
チキンシーズニング・・・・小さじ2
パセリ
塩・コショウ


■作り方 4~5人分
① 米を水洗いして ざるにあげ、水気をきる。

② レーズンはぬるま湯にひたして戻し、水気をきる。

③ 鶏もも肉は1~2cm角程度に切り、塩・コショウを少々ふる。

④ タマネギは粗みじん切り、ニンジンは1cm角の薄切り、ピーマンは1cm角に切る。

⑤ フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、③を焼き、とりだす。

⑥ ⑤のフライパンで④を炒め、カレーパウダーとチキンシーズニングを入れて炒め合わせ、①を加えてさらに炒める。

⑦ ⑥を炊飯器に移し、水3カップ、レーズンと鶏肉をのせて普通に炊く。

⑧ 器に盛り、パセリをちらしてできあがり。

Pirafu_up


お皿に盛った瞬間にも南洋風カレーの香りがキッチンにひろがります。
けれど、何といっても炊きたてのところを口に中に含んだ瞬間がこのピラフの第一ポイント。カリアヤムで紹介したマレーシアチキンカレー独特の風味が口からふわっとひろがります。
もともと鶏肉とは相性のいいカレーパウダーとチキンシーズニングだけに、とてもバランスが良いのです。やわらかな鶏肉そしてタマネギとレーズンの甘みが口の中で調和する瞬間が第二ポイント。あとはもう夢中で食べ、恍惚のひとときへ。

☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココナッツタルト

Taruto_kansei

このレシピは料理研究家・渡辺麻紀さんの「洋ナシのタルト」を南洋キッチン風にアレンジいたしました。

■材料 (直径約20cm)
【タルト生地】
バターまたはマーガリン・・・40g
砂糖・・・30g
たまご・・・1/2個
薄力粉・・・110g
ココナッツパウダー・・・10g

【ココナッツクリーム】
バターまたはマーガリン・・・30g
砂糖・・・15g
たまご・・・1/2個
ココナッツパウダー・・・30g

マンゴーの缶詰

■作り方
①タルト生地を作る。
バターをボールに入れてクリーム状になるまで練る。
砂糖を加えて泡だて器でよく混ぜ、さらに溶きたまごを加えて混ぜる。

②ふるった薄力粉とココナッツパウダーを加えてゴムベラで切るように混ぜる。

③ラップの上に②の生地をのせ、同じ大きさのラップを上からかぶせ、めん棒で直径23cm程度の円形にのばし、冷蔵庫で1時間ねかせる。

④マンゴーは厚さ5mmのそぎ切りにし、少しずつずらしてキッチンペーパーにのせて水気をきる。

⑤ココナッツクリームを作る。
バターをボールに入れてクリーム状になるまで練る。
砂糖を加えて泡だて器でよく混ぜ、さらに溶きたまごを加えて混ぜる。
ココナッツパウダーを加え、ダマにならないようにしっかり混ぜる。

⑥オーブンシートの上にラップからはがした生地をのせ、ふちから3~4cm残してココナッツクリームを中心に広げる。クリームの上にマンゴーをのせて生地のふちを折り、指でつまみながらひだをよせる。
Taruto_process
※生地がかたすぎるとひび割れしやすいです。そのときは少し時間をおきましょう。

⑦180℃のオーブンで30分焼いてできあがり。
Taruto_kansei_zoom

※マンゴーのかわりに、パイナップルやフルーツカクテルを使っても南洋風のおいしいココナッツタルトになりますよ。


今週はバレンタインウィーク。今年はとくに、日曜日がバレンタインデーなので“おうちバレンタイン”が計画されているのだとか。
バレンタインに、いつものようにスパイスを効かせてショックをあたえても悪いので、ここはやさしく、ふんわりと気持ちをうけとめる“愛のタルト”となったのです。
もともと、渡辺麻紀さんのレシピ「洋ナシのタルト」がおいしくて、そこからアレンジしたのだからよほどの冒険をしないかぎり失敗はありません。
それにしても、ココナッツのあま~い香りってなんて素敵なのでしょう。
ココナッツのやさしい甘さをつつんだ生地とクリームがマンゴーをしっかりとうけとめる。
生地のサクッとした心地よい歯ごたえ、ココナッツの香りとクリーム、マンゴーのなめらかな感触がなんとも・・・

そうそう、一つ注意することがあります。
彼もしくはご主人に食べてもらう前の試食には気をつけましょう。
南洋キッチンでは、試食が完食になることを食い止めることができませんでした。

Taruto_danmenTaruto_danmen_zoom


☆本レシピおよび画像の無断利用はご遠慮ください。


Recipe_blog_1
南洋キッチンレシピ掲載中


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!


工房暖簾Gallery「食べられない喫茶店
生ハムのオープンサンドストラップ、石けんマカロン、バーガーメジャー ほか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南洋元商品取扱い店舗

Kiriayyampack

◇即席調味料・冷凍野菜・即席麺・スパイス各種・飲料ほか
南洋元オンラインストア

◇カレーパウダーなど
上野アメ横センタービル地下食品街

◇マレーシアチキンカレー(カリ アヤム)セットなど
カルディコーヒーファーム
スズキヤ

◇即席麺など
富澤商店


即席調味料」も「インスタント麺」もミーゴレンは南洋元オンラインショップでそろいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »